清川泰次 
色・線・形の探求とデザインへの展開

 
 2019年10月26日(土)〜2020年3月15日(日)



《Painting No.1195》1995年



学生時代に独学で油彩画をはじめた画家・清川泰次
1919-2000)は、1950年代の渡米を機に、本格的に具象表現から抽象表現へと移行し、写実的な形態に捉われることなく独自の芸術を探求し続けました。

2019年度の第2期となる本展では、清川の画業の前半をご紹介した第1期に続き、画業の後半にあたる1960年代半ばから晩年までの作品を展示します。

清川は1963年から66年まで、2度目の渡米を果たしました。滞米中より、清川の画風は次第に白を基調としたシンプルなスタイルに変わっていき、この「白の時代」とも言える表現は80年代まで続きました。その後、90年代に入ると、再び画面に色彩が戻り、様々な色の線や、幾何学的な形により画面が構成されるようになります。清川の探求は平面作品にとどまらず、ステンレス製の彫刻や、ティーセット、グラスをはじめとした生活用品のデザインにまで広がりをみせました。

色・線・形の構成から成る美を追求し、精力的に制作を続けた清川による、幅広い創作の展開をご覧ください。
 
≫ 展覧会チラシ
≫ プレスの方々へ




《Painting No.SF1564》1964年






《白の世界 No.36-73》1973年

 
《Painting No.393》1993年

 
《Painting No.1495》1995年

ティーセット  デザイン:清川泰次  撮影:S&T PHOTO
 



グラス  デザイン:清川泰次  撮影:S&T PHOTO



l 清川泰次記念ギャラリー 展覧会関連イベント
  担当学芸員によるギャラリートーク

本展の見どころについて解説いたします

2019年11月16日(土)11:00〜
2020年2月29日(土)11:00〜

*いずれも20分程度
*参加費無料(観覧料別途)、事前申込不要
l 世田谷美術館分館 イベント情報
  担当学芸員によるギャラリートーク

2019年10月26日(土)11:00〜   宮本三郎記念美術館
2019年11月30日(土)11:00〜   宮本三郎記念美術館

*いずれも20分程度
*参加費無料(観覧料別途)、事前申込不要



清川泰次 色・線・形の探求とデザインへの展開
■会   期

■休 館 日




■開館時間

■観 覧 料
2019年 10月26日(土) 〜 2020年 3月15日(日)

毎週月曜日(ただし、祝・休日と重なった場合は開館、翌平日休館)、
年末年始(12月29日〜1月3日)
11月4日(月・振替休日)、1月13日(月・祝)、2月24日(月・振替休日)は開館、
11月5日(火)、1月14日(火)、2月25日(火)は休館。

10:00〜18:00(最終入館は17:30まで)

一般200円(160円)、大高生150円(120円)、65歳以上/中小生100円(80円)
障害者の方は100円(80円)、ただし小・中・高・大学生の障害者は無料
※介助者(当該障害者1名につき1名)は無料
※( )内は20名以上の団体料金
※小・中学生は、土、日、祝・休日は無料

会期中、ご来場いただいた方に、
清川泰次の画業についてまとめた小冊子を、生誕100年を記念して配布いたします。








ギャラリートーク承ります

この展覧会の作品についてもっと知りたい方、担当学芸員が作品を鑑賞しながら解説いたします。
グループ(5名以上)でのご鑑賞の際に、ぜひご利用下さい。

*入館料のみ(別途料金不要)
*希望日の1週間前までにご連絡ください。
 (ご希望日によっては、調整ができない場合もございます。ご了承ください。)


問い合わせ:
03-3416-1202
kiyokawa.taiji.annex★samuseum.gr.jp
(★を@に変えて送信してください)