清川泰次 色をめぐって

 2022年10月1日(土)~2023年3月12日(日)



《黄色の浮遊》1961-63年



「もの」を写すことにとらわれない独自の抽象表現を追求した画家・清川泰次(1919-2000)。
1940年代より画家として歩みはじめた清川の初期作品は具象的な表現でしたが、1951年からの渡米を経て、色彩豊かな面や線による抽象画へと移行していきます。

1960年代に二度目の渡米を果たした後には、白く塗ったカンヴァスに鉛筆の線を活かした独自の画風を確立、個展も精力的におこないました。
その後、清川の絵画には色彩が戻り、幾何学的な形態を取り入れたスタイルへと展開します。

清川の絵画を色彩に着目してたどると、1950~60年代の油絵具の塗り重ねで得られる深い色合い、70~80年代に多用された明るい白、90年代以降のアクリル絵具による明快な色どうしの響き合いなど、その色調や色の組み合わせから、各年代の特色をうかがうことができます。

本展では、線や色面の構成による美を目指した清川泰次の、色彩をめぐる探求の軌跡をご紹介いたします。

 
≫ 展覧会チラシ
≫ プレスの方々へ




《牛のゐる風景》1951年


《飛行船の浮ぶ街》1953年



 《イタリーの空》1962年


 
《Painting No.1495》1995年
清川泰次 色をめぐって
■会   期

■休 館 日




■開館時間

■観 覧 料
2022年10月1日(土)~2023年3月12日(日)

毎週月曜日(ただし、祝・休日と重なった場合は開館、翌平日休館)
、年末年始(12月29日~1月3日)
※10月10日(月・祝)、1月9日(月・祝)は開館
※10月11日(火)、1月10日(火)は休館

10:00~18:00(最終入館は17:30まで)

一般200円(160円)、大高生150円(120円)、65歳以上/中小生100円(80円)
障害者の方は100円(80円)、ただし小・中・高・大学生の障害者は無料
証明書をご提示のうえ、お申し出ください
※介助者(当該障害者1名につき1名)は無料
※( )内は20名以上の団体料金
※世田谷区内在住・在学の小・中学生は、土、日、祝・休日は無料

会期中、ご来場いただいた方に、
清川泰次の画業についてまとめた小冊子『清川泰次ー人と作品』(23頁)を差し上げています。

ギャラリートーク承ります
〇当面の間、休止しております。

この展覧会の作品についてもっと知りたい方、担当学芸員が作品を鑑賞しながら解説いたします。
グループ(5名以上)でのご鑑賞の際に、ぜひご利用下さい。

*入館料のみ(別途料金不要)
*希望日の1週間前までにご連絡ください。
 (ご希望日によっては、調整ができない場合もございます。ご了承ください。)


問い合わせ:
03-3416-1202
kiyokawa.taiji.annex★samuseum.gr.jp
(★を@に変えて送信してください)